Macintosh のバッテリー切れで、Macが強制終了。
古いノートブックなので、良くある事だが、
今回は、タダでは済まなかった。
メールがおかしくなっている。

仕事柄、数十件のメールアカウントを設定して使っているのだが、
MacのMobileMeのアカウント以外が全てクラッシュして表示されないのだ。

これは、こまった!

ただ、これはもしかして・・・、と2年前の経験をいかして、
メールフォルダのEnvelope Index を削除して、
メールのアプリケーション(Mail)を再起動した。
(/ユーザ/kotaro(私のユーザアカウント名)/ライブラリ/Mail/Envelope Index)

保管しているメール件数が多かった(約10万件)ので、
再構築に30分程度を要したが、
無事メールを復旧することができた。

Envelop Indexファイルが、メールの管理を行い、
このファイルがない場合、
メールファイルを全て解析し、
正しいメール管理情報を構築してくれるのだ。

知っていると知らないのでは、大きな違いが生じる技です。
Google は検索だけではなく、無料ソフトがスゴい。
意外と知らない人も多いと思う。
という私も、知識としては知っていたが、その強力さを認識していなかった。
下のようにGoogleにアクセスすると、

google_tools1.png

右下に、「サービス一覧」というのがあります。
その先には、Yahooのように、様々なWEBサービスが紹介されていますが、
右下にある「パソコンをより快適に」という項目があり、「パック」というものがあります。
google_pack2.png








このパックは、Windows XP または Vista専用なので注意。
Macintoshユーザ用のソフトも各種ありますが、Windows程の強力さはありません。

Windows用のパック内容は、下記の通り。
Google Earth(3Dの世界地図)
Norton Security Scan(ウィルス検出除去)
Google デスクトップ
Google ツールバー付きMozilla Firefox
Skype
StarSuite(Microsoft Office互換ソフト)
Internet Explorer 用Google ツールバー
Spyware Docterスターターエディッション(スパイウェアやアドウェアの保護、スキャンと駆除)
Picasa
Adobe Reader
RealPlayer

特に、「Norton Security Scan」「Spyware Docterスターターエディッション」「StarSuite」は、通常有料のものなので、このツールを無料で使えるのは、大きい。

「Norton Security Scan」は、ウィルスソフトの老舗ノートンの特別版で、特にウィルスの検出と除去をしてくれます。ただ、スパイウェアとアドウェアの検出は行うけど、除去をしてくれないので、それは、「Spyware Docterスターターエディッション」で賄います。Spyware Docterが、スパイウェアとアドウェアの保護とスキャンと駆除をしてくれます。
また、一般的に必要と思われる、表計算、図形ソフトは、「StarSuite」があれば大丈夫です。StarSuiteは、Microsoft Office互換ソフトで、Writer・Calc・Impressが、それぞれ、ワープロ表計算プレゼンとして利用できる無料のソフトです。
図形描画データベースエンタープライズツールとして、 Draw・Base・Tools なども含まれています。

つまり、Windowsを買って、さらに、Microsoft Officeを購入しなくとも良いのです。
さらには、図形ソフト、ウィルスソフトも買わなくていいのです。

さて、それぞれの能力はどれほどなのか?

これからじっくりと試してみようと思います。

【基礎知識】


WEBに広告を出す場合に、アフィリエイトとキーワード広告が手軽で有名ですが、
今回は、キーワード広告について調べてみました。(第1弾です)

キーワード広告で有名なのは、Googleの<Google AdWords>とYahoo!の<overture>」です。リスティング(広告)サービスとも言います。
どちらも、個人で簡単に広告を出す事ができます。
GoogleやYahooで検索を行うと、<上段>と<右側>に欄に出てくる文字の広告で、
<スポンサーリンク><スポンサーサイト>などと呼ばれるエリアです。


Yahoo!JAPAN の方は、<overture>社が広告を取り仕切ります。
申し込みは、下記から。

Googleの方は、<Google AdWords>というサイトで自分で管理できます。
申し込みは、下記から。

また他に、クロスリスティング社のレモーラリスティングは、
「goo」「excite」「BIGLOBE」「@nifty」「OCN」「so-net」などが対象です。
申し込みは、下記から。





【値段の調べ方】


それぞれのサイトで、キーワードの広告を出す場合に一番気になるのは、
「広告費がいくらになるか?」だと思います。
<overture><Google AdWords>それぞれで値段を調べる方法は、下記の通りです。

Yahooの<overture>は、下記の<申し込み>の過程で知る事ができます。
(1)<セルフコースを申し込む>を選択します。
(2)<タイムゾーンの選択>を<日本>にして、次<申し込み手続き開始>に進みます。
(3)手順に従って進み、<キーワードの登録>で、キーワードを入力します。
(4)キーワードに関連したそれぞれのキーワードに<1ヶ月の検索数>が表示されます。
少ないものは、「4-46」「47-891」「896-15,839」
多いものは、「15,840-189,510」。さらに多いものは、「189,523-!」となります。
(5)次に、<広告予算の設定>で、<1日の予算>を入力すると、
<推奨する最高入札額>が表示されますので、ここで<最高入札額>を決めると、
1日と1ヶ月のそれぞれの<予想表示数>と<予想クリック数>が算出されます。

<Google AdWords>の申し込みの過程でも、Yahooの<overture>同様、
<1日の予算>と<上限クリック単価>を指定する事で、<1日あたりの予想クリック数>が算出されますが、
<Google AdWords>は、下記<キーワードツール>にアクセスして、
予めキーワードの単価やアクセス数を知る事もできます。
(1)キーワードを入力します。
(2)キーワードに対する情報が表示されます。
(3)<表示する列を選択>から、<すべての表示>を選びます。
(4)<平均クリック単価の見積り>などが表示されます。
この単価が1クリックにかかる費用です。
7円〜数百円まで、競争率の高いキーワード程、値段が高くなります。
(5)ほかに、<おおよその平均検索ボリューム>というのがあります。
ここでは、それぞれのキーワードが1ヶ月に何回検索されているかの目安が数字で表されます。数百回のものから数十万回のものまでいろいろです。

ちなみに、
Yahoo!は、セルフコースの場合、初期費用0円。アシストコースが、31,290円。
まずは、セルフコースで十分だと思います。実際に開始する際には、前払い料金として、
セルフコースは、3000円より。アシストコースは、10000円よりになります。
Googleは、開設費で500円が必要です。開始の際には、1000円以上、前払いか後払い、銀行、クレジットなど、細かい設定ができます。



【上位に表示されるには?】


ここまでが、基本的な手続きの仕方です。
もうひとつ重要な事は、「どうしたら、上位の表示されるのだろう?」です。


Yahooの場合、キーワード毎に入札額の高い順に表示されます。
ただし、実際に支払い金額は、ひとつしたの順位の金額に1円を足した金額になります。
自分が500円で入札額を提示したとして、1位に表示された場合で、
4位の人が、400円で入札が確定してたら、3位は401円、2位は402円、1位は403円になります。

Googleの場合は、キーワード毎のクリック単価に<品質スコア>を乗算して、
数値の高い順に上位に掲載されます。品質スコアが高ければ、
他社よりに安い金額で、上位に表示できるところが、Yahooとは違う特殊なところです。
品質スコアは、「過去クリック率」「キーワードと広告の関連性」「アカウント履歴」「その他」など、様々な要因で決定しますが、簡単に言えば利用履歴の長いユーザは優遇されるわけです。
(詳しくは、下記を参照

以上、お金に係わる基礎知識でした。
続きは、また今度・・・。


f189802pm1_a.jpg知り合いが経営するお店「天丹 渋谷桜丘店」に何度か行くようになりました。

火鍋は結構癖になる旨さです。
火鍋の定番は、ラム肉らしいのですが、私は豚肉の方が日本人に合っていると思いました。
ここでは、黒豚とラム肉を選べますが、やはり黒豚の方が美味しいし、ラム肉の臭みが嫌な人でも安心です。

この天丹は、銀座の天丹のフランチャイズ店で、その天丹に店主オリジナルの店「馬え田」を合わせた複合店になっています。馬え田では、本格的な熊本馬刺を堪能できますので、火鍋と馬刺をダブルで楽しめるのは、ここだけだと思います。

渋谷の駅から少し歩かなければならないのが難点ですが、隠れ家的なこのお店は、私にとっての新たな隠れ家になりそうです。ちなみに、福岡の大名にも同じオーナーがお店を出しています。
YouTubeの映像を貼ってみました。渋谷の映像はありませんが、火鍋の感じはよくわかると思います。

皆さん、気が向いたら是非一度お試しください。



Macの標準メールエディタである<Mail>について

(++;) 悪夢1

ある日突然でした。
メールが壊れた!
過去2年分くらいのメール(このMacBookを買って以来のメールすべて)
が突如として消えた!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?

あれから、1ヶ月が経ちました。
メールは、「/ユーザ/kotaro(私のユーザアカウント名)/ライブラリ/Mail/」
の中に、「XXXXXXX.emlx」というファイル名で、あちこちに点在して保管してありました。
1件のメールで1つずつの.emlxファイルに分けられているので、
場所は分かったのですが、「あのメールどこだっけかな?」という度に、
数万個あるファイルを一つずつ開いて、目的のメールを探さなければなりませんでした。

現実的では無い困った事になっていたました。
物理的にメールが残っている事だけが救いでした。


(++;) 悪夢2

ある映画の劇中で使うというMacの<Mail>画面を作る仕事が舞い込んで来た。
.emlxの存在を知ってから、善くも悪くも「Mailを知り尽くした」と勘違いしていたのが悪夢の始まりました。
詳細の説明は飛ばしますが、
<Mail>をいじっていたら、受信、送信、下書き、送信済み、迷惑メール、ごみ箱のメールが消えてしまいました。

今度は、前回の症状とは違って、物理的無くなってしまったのです。
一覧にはすべて表示されているのですが、
クリックしても白紙の画面しか出てきません。
いろいろ調べてみたら、なんと「.elmx」ファイルが消えていたのです。

何をしたかというと、
映画用に助監督に指示された画面を作る為に、
同じメールアドレスのアカウントをもう一つ追加しようとしたのです。
その時、確か<警告画面>が現れたのを記憶していますが、
そのまま実行してしまったのです。
警告の内容は、ファイルのパスと、なにやら難しい事が表示されていて、「上書きしていいですか?」的な内容でした。
(結構やっちゃうんですよね。この手のエイヤーって無茶な実行を)

同じメールアドレスのアカウントを無理矢理作ると、1件毎に保管されている「.elmx」ファイルが消えるんですね・・・。

  同じメールアカウントの設定はできないんですね。
  (当たり前か・・・)(++;)

厄介な事に、この状況を招くと、
メールの一覧には、表示されているけど、クリックしても画面は真っ白、
さらには、この一覧の項目を<削除しても><移動しても>何も反応しないのです。
物理的にファイルが存在しないと、一覧の項目が変わらない構造になっているようです。

おかげでゴーストのように、存在しないメール項目がメールの一覧を占拠してしまったのです。
これで分かった事は、

  「.elmx」ファイルを手動でごみ箱に捨てると、
   メールの一覧に永遠に残ってしまいます。




今日、このゴーストを削除しようと四苦八苦してみました。

(1)
.elmxの正式なファイル名(例えば、200029.elmxとか)が分かれば、
物理的に、その名前のファイルを作ってから、メールの一覧の該当する項目を削除すると、ちゃんと消える事がわかりました。
(2)その他、いろいろな事を発見したのですが、割愛します。
(3)「BackupTOC.plist」
(/ユーザ/kotaro(私のユーザアカウント名)/ライブラリ/Mail/BackupTOC.plist)
というファイルに、現在のメールの状態を詳しく保管してある事がわかりました。
しかし、このファイルは、どのように削除しても、ゾンビのように全く同じ状態で復活しますので、
このファイルはあまり関係ないようです。
(4)結局行きついだのは、「Envelope Index」
(/ユーザ/kotaro(私のユーザアカウント名)/ライブラリ/Mail/Envelope Index)
というファイルが、メールの現在の状態を覚えている事が分かりました。
「Envelope Index」を違う場所に移動すると、「初期設定」を促すような画面が現れます。

結局、私は初期設定を最初からやる覚悟で、
「Envelope Index」を違う場所に移動して、初期設定を事項しました。

しかし、ラッキーな事に、このことによって、初期設定に戻るのではなく、
現在のファイルの状態を解析して、メールの一覧などを再構築してくれたのです。
それなりの時間を要しましたが、確実に、現在のファイル「.elmx」を読み取っている様には、感動しました。

結果的に、さっき、私の<Mail>は、完全に元に戻りました。

メールがおかしくなったら、<Envelope Index>を削除(いちおうバックアップはとりましょう!)すれば良い事が分かりました。

こういう人って他にもいるのかな?
もしいたら、是非参考にしてください。




タグクラウド

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。